少ない費用での移動手段に

車内

乗り心地を良くすることの努力も見られます

日本の交通環境が大きく変わって来たことが、夜行バスの発展に繋がっていると考えられます。その一番目に言えることが鉄道網の再編によって、寝台列車がなくなっていることがあります。夜の間に長距離を移動する手段が鉄道ではなく、バスに頼ることになりました。長距離バスでの移動で必要になって来るのが高速道路ですが、この道路も全国まで行き渡るようになりました。高速道路が充実したことで、長距離に渡る時間もかなり短縮されることになり、利用者もその便利さを感じることが出来るようになっています。そして夜行バスの最大の特徴は、その料金が安いと言うことです。東京から大阪へ向かう夜行バスでは数千円台が一般的となっており、その費用の安さは利用者にとって最高に嬉しいものとなっています。また鉄道と違い駅を利用するだけでなく、乗り換えをすることなく目的地へ行くことが出来ます。例えば、大阪から東京・新宿へ行く場合、鉄道利用では東京駅や品川駅で乗り換えが必要になります。ですが、夜行バスでは直接新宿まで行くことが出来る便利さがあります。行く先を細かく指定出来ることも、鉄道には出来ない技となっています。宿泊費を浮かすことが出来る上に、朝早く目的地に着くことから、一日の時間を多く利用出来るメリットも生まれます。また最近ではシートの狭さ解消や、騒音対策も行われるようになり、快適なバス旅が行われることにもなって来ていることが、人気の理由にもなっているのでしょう。